事業管理ツール

最終更新日 2018-03-06

新規掲載(2018年3月)

付きはポイント解説文書(登録会員限定)があるものです。アイコンをクリックすると該当する文書の紹介ページに進みます。

付きは日本語のウェブサイトがあるものです。

 

<全般>

A Guide to SDG Interactions: from Science to Implementation(SDGの相互作用ガイド:科学から実践へ)

国際科学会議(ICSU)による、4つのSDG目標について他の目標との相関性を説明したもの。

 

サプライチェーンにおける持続可能性 継続的改善のための実践的ガイド 

国連グローバルコンパクトによる、サプライチェーンマネジメントの各段階における実務ステップ。

 

<環境>

企業のための生態系評価ガイド(略称CEV)

持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)が開発した、生態系サービスとビジネスの関係性を把握し意思決定に反映させる一連のステップ。

 

企業のための生態系サービス評価(略称ESR)

持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)が開発した、企業活動の生態系サービスへの依存と影響及びそのリスクと機会を特定するための方法論。

 

自然資本プロトコル 

企業やNGOから構成された「自然資本連合」が開発した、事業における自然資本の特定と計測のための枠組み。

 

食品損失と廃棄に関する測定 および報告に関する基準 

WBCSDやコンシューマーグッズフォーラム、WRI等から構成されたパートナーシッププログラムFood Loss & Waste Protocol(食品ロス+廃棄物プロトコル)による、食品サプライチェーン向け食品ロスの定量化報告の要件とガイドライン

 

Business Ecosystem Training(ビジネスと生態系研修 略称BET)

持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)が開発した、ビジネスと生態系の関係性に対する社員(経営層含む)の理解度向上を目的とした研修マニュアル

注:日本企業での実施にあたっては、研修時間の問題から大幅な改変が必要となります。SusConでは当マニュアルを活用した社員研修の実施経験を有していますので、研修プログラムをご希望の方はお問い合わせください。

 

Circular Economy Toolbox(サーキュラーエコノミー ツールボックス)

全米商工会議所財団による、企業の取り組み事例や、実績評価指標を紹介したウェブサイト

 

Circularity Indicators(循環性指標)

エレンマッカーサー財団が開発した、企業全体及び特定の製品の循環型度合を計測する指標

 

<人権>

Doing Business with Respect for Human Rights(人権を尊重したビジネス活動)

オランダのグローバルコンパクトネットワーク、国際協力NGO Oxfam、アメリカの非営利団体Shiftの共同開発による、人権に配慮したビジネスの実践ガイド

 

<水>

Ceres Aqua Gauge(Ceres水ゲージ)

アメリカのNGO Ceresが開発した、投資先企業の水リスク管理状況を評価するための投資家向け採点表

 

Water Risk Monetizier(水リスク金銭換算器)

水・エネルギー関連技術企業のEcoLabが開発した、水の問題により生じうる操業コストの増加や売り上げへの影響を計算するウェブサイト

 

WBCSD Global Water Tool

国際的企業団体WBCSDが開発した、水リスクとビジネスチャンスを把握するツール

 

WRI Aqueduct

世界資源研究所(WRI)が開発した、水リスクを把握する地図ツール

 

WWF Water Risk Filter(WWF 水リスクフィルター)

国際環境NGO WWFが開発した、流域単位での水リスクを把握するウェブサイト

 

<コモディティ系>

Engage the Chain

アメリカのNGO Ceresが制作した、農産物サプライチェーンのリスクを把握する投資家向けウェブサイト。問題解説と個々の企業がどの農産物リスクを抱えているかが把握できる。

 

Global Forest Watch Commodities

世界資源研究所が開発した、サプライチェーンの森林破壊リスクを把握する地図ツール

 

Higg Index

アメリカの企業団体Sustainable Apparel Coalitionが開発した、アパレル業界向けアセスツール

 

 

Monterey Bay Aquarium Seafood Watch(モントレー・ベイ水族館シーフードウォッチ)

サンフランシスコの水族館が開発した水産物の持続可能性ランキングに基づき、レストランや小売りのメンバー企業に対し個別アドバイスや最新情報提供を行うほか、サプライヤー教育の進め方をビデオ方式(英語)で紹介。

 

SCRIPT(Soft Commodity Risk Platform)

イギリスのNGO Global Canopy ProgramがWWF・CDP・ZSLの協力の下開発した、金融機関向けのリスク判定サイト。森林破壊原因となっている農産物に関する自社の方針を他の金融機関と比較したり、ポートフォリオのリスク度合いを測ることができる。